ライトニング・ネットワークとは?

2022年6月10日

暗号通貨の人気が高まるにつれ、暗号通貨を取り巻くセキュリティと匿名性を高めるためのさらなる取り組みが行われています。その解決策の一つが、プライバシーとアンチトレーサビリティを考慮して作られたセクターであるプライバシーコインの導入です。

ライトニング・ネットワークは、高度にスケーラブルなレイヤー2決済プロトコルです。参加ノード間の高速トランザクションを可能にすることで、ビットコインブロックチェーンへのストレスを緩和するために開発されました。ライトニングネットワークは、これらのトランザクションをブロックチェーンから移動させ、ビットコインネットワークへの負担を軽減し、より迅速に完了できるようにするものです。このネットワークの目標は、ビットコインの代名詞となっている高い取引手数料と取引処理にかかる長い待ち時間を軽減することです。

ビットコインネットワークの批評家は、暗号通貨のブロックチェーンは取引速度に限界があるため、すぐに不換紙幣に取って代わることはできないとよく指摘する。Visaのような大手決済業者は、毎秒数万件の取引を処理できる可能性を持っている。ビットコインのネットワークは10件未満が限界だ。ライトニング・ネットワークは、より高速な取引を促進するチャネルを提供することで、ビットコインの第2層を作ることを目的としている。

ブロックチェーンノードの承認を待つ代わりに、関係者が直接やり取りできるため、取引をより速いスピードで完了することができます。ライトニング・ネットワークは、ユーザーのセキュリティやブロックチェーン技術の分散化された性質を危険にさらすことなく、ビットコインをより広く普及させる方法の素晴らしい例として機能しています。ビットコインのユーザーが、資産をリスクにさらすことなく取引を効率化できる方法は多くありません。ライトニング・ネットワークはその例外です。

ライトニング・ネットワークは、ビットコインの主流への移行を妨げている問題を解決することができるため、暗号通貨界から多くの注目を集めています。ライトニングネットワークの支持者は、ビットコインネットワークの負担を軽減し、ユーザーのセキュリティを危険にさらすことなく取引を自由に行えるようにするための最良の選択肢であると考えています。ビットコインは、普及が進むにつれて、より多くの取引を完了させる必要に迫られています。

ライトニング・ネットワークのユーザーは、その大きなセールスポイントとして、プライバシーとスピードの2つを挙げています。決済の詳細はブロックチェーンに記録されない。その代わりに、多くのチャネルを経由し、隣接していない場合は送金元や送金先がわからないようになっています。ネットワーク上の取引の平均決済時間は一般的に1分未満で、場合によってはミリ秒単位で行われることもある。

はじめに

ライトニング・ネットワークの仕組みは?

ライトニングネットワークは、関連するソフトウェアを実行するノードで構成されているため、ビットコインネットワークと類似しています。2つのネットワークの違いは、ライトニングトランザクションが一般に公開されておらず、すべてのネットワークユーザーがアクセスできないことです。ライトニングのノードは個人的に交流し、支払いを完了させるための接続チャンネルを作成します。ライトニング・チャンネルは、ユーザーがセキュリティを犠牲にすることなく、簡単に支払いを行うことを可能にします。

ライトニングチャンネルは、マルチシグネチャアドレスにビットコインを預けることで開設されます。このマルチシグネチャアドレスは、異なる鍵からの署名を必要とします。逆に、従来のビットコインアドレスは、所有権を主張するために1つの秘密鍵しか必要としない。ライトニングチャンネルでは、取引を完了するために両者の鍵が必要です。マルチシグネチャアドレスへの入金は、ブロックチェーンに記録される。ブロックチェーンがこの入金を確認すると、ライトニングチャンネルが関係者のために開かれる。

オープンチャンネルは、当事者が低コストでほぼ瞬時に取引を行うことができます。その後、当事者はこのチャネルを閉じることを決定し、ビットコインのブロックチェーンに記録された別の取引で確認されます。この最終的なオンチェーン取引は、両者の残高の変化を反映し、ブロックチェーン技術の採用者の基本理念であるセキュリティの層として機能する。ライトニング・ネットワークは、2017年の最初のユースケース以来、人気を高めています。長い待ち時間や高いガス代なしでビットコイン取引を完了したい人々の最有力候補として、今後も成長を続けそうです。

ライトニング・ネットワークをどう使うか?

ライトニングネットワークを利用するには、適切なクライアントをダウンロードする必要があります。Lightningウォレットに資金を供給する前に、Lightningアプリをネットワークと同期させることが必要です。お互いが接続する前に、相手のチャンネルキーを知っておく必要があります。相手のキーがわかったら、機能するLightningチャンネルを作成します。また、相手とのチャネルを作成するには、相手のIPアドレスが必要です。正しいIPアドレスを確認することは、正しい相手とチャネルを作成していることを知らせるため、取引のセキュリティに不可欠です。ライトニングネットワークのユーザーは、デューディリジェンスを行い、信頼できる相手とのみチャンネルを作成するよう心がけてください。

ライトニング・ネットワークの所有者は誰か?

ライトニングネットワークを所有したり、完全にコントロールしたりすることは誰にもできません。ビットコインネットワークと同様に、ノードを運営することで誰でも参加できる分散型プロジェクトです。コードはオープンソースで、誰でも無料でダウンロードし、詳しく調べることができます。このような非中央集権的な運営は、ビットコインネットワークに不可欠なものであり、ライトニングネットワークもこれを模倣している。

ライトニング・ネットワークは誰が作ったのか?

ライトニング・ネットワークのホワイトペーパーは、2015年初めにジョセフ・プーン氏とタデウス・ドライジャ氏によって書かれました。この技術は2017年に活発化し、その後、人気が高まっています。オープンソースであるため、誰でもコードで貢献することができる。ライトニングネットワークは2021年にエルサルバドルで採用されたが、これは同国がビットコインを公式通貨として受け入れたのと同じ時期だ。ライトニング・ネットワークの採用者は、ネットワークの潜在的な可能性から、間もなくその数を増やすだろう。

ライトニングネットワークにネイティブトークンはあるのか?

いいえ、ライトニングネットワークはビットコインネットワークをサポートするためだけに存在し、実行するためにネイティブトークンは必要ではありません。ライトニングネットワークによって促進される取引は、BTCトークンのみで構成されています。ライトニングネットワークはレイヤー2プロトコルであるため、トークンを必要としません。ライトニング・ネットワークがホストできるトランザクションの数は、各ノードの速度と容量に依存します。

暗号通貨取引所「Rubix(ルービックス)」。

Rubixは、あなたが必要とする唯一の暗号通貨取引所です。私たちは、ビットコイン、アルトコイン、フィアットのあらゆる取引に対応し、常に正確な市場価格を提供しています。私たちのユーザーフレンドリーなプラットフォームは、あらゆる種類の暗号通貨への投資をシンプルでストレスのないものにします。今すぐRubixのアカウントにサインアップして、暗号通貨の旅を始めましょう。

はじめに